ブランドもののスーツが良しとされた時代は終わった

かつて、DCブランドやインポートブランドが大ブームを巻き起こしました。
それらに親しんだ年代の人は、今だにブランドものにこだわる人が多いです。
とくに、スーツはブランドものでないといけないと考える中高年ビジネスマンは少なくありません。
しかし、流行ばかり追いかけるのは考え物です。
今はブランドものがもてはやされる時代ではなくなりました。
また、女性のファッションほどではないとは言え、男性のファッションにも流行はあります。
どんなに高価なものでも時間が経てば時代遅れになると言うことを忘れてはいけません。
スーツはブランドにこだわるよりも、時代に合わせると言うことがとくに大事になってきます。
さらに、自分の仕事のポジションに合わせることもポイントになります。
それなりの年代の人が、若い人が着るようなタイトなスーツを着ていてはいけません。
貫禄や粋を感じさせることも大事です。
オーバーサイズもNGですが、ある程度のゆとりはもたせましょう。